腰痛戦士"ヌノシン"のblog

彼の名は“ヌノシン”腰痛と戦う戦士である。 日本には実に4人に1人の割合で腰痛に苦しんでいる人たちがいる。 その中でも、原因が特定されていないと言われている 「非特異的腰痛」にあたる人は全体の85%と言われてる。 そして、彼もまたそのうちの一人である。 腰痛戦士ヌノシンは 社会の平和を守るため、今日も腰痛と戦う。

2014年10月

 原因不明の腰痛85%に挑戦し続ける!
こんばんは腰痛戦士“ヌノシン”です

ご報告が遅くなってしまいました。
先週、無事に
腰痛コンプリートセミナー第1弾!!
 腰痛戦士“ヌノシン” Present's 
「エビデンスに基づく腰痛の理解  in 名古屋」
の開催を終えました。 
おかげ様でご参加された皆様にはご好評いただけたようで
この企画に関わることができましたことを感謝いたします。
tmsジャパン名古屋2014

ズバリ!!このセミナーで一番学んだことは
目の前の
痛いと言っている人をどうにかする」ということ

「なに今更当然のことを言っているの!?」
ヌノシンショック

「レベル低すぎじゃないか??」


そんな声も聞こえてきましたが、
それが、意外と陥りやすい落とし穴!
今まで私は、とんだ勘違いをしてました
すでにお察しの方々には失礼ですが
『痛い』と言っている『人』をどうにかする」
この
『人』をどうにかする」
 っというところがポイントで
私はこれまで、
『痛み』をどうにかしよう 」
とばかり考えていた
 

というのも、
TMSジャパン代表長谷川淳史先生
腰痛に関して、エビデンスに基づく解説をしてくださるのだが
「医療はアートである」と言い切るのであった。

正確には、
サイエンスに支えられたアートである by.ウィリアム・オスラー

参考Blog記事(➡こちら)をご参照ください

という名言を基にお話されていたのだが
ご講演の中では
サイエンスアートの違いを解説してくださった


サイエンス:疾患(Disease)、医師が捉える所見 
 普遍的、客観的、再現可能、特定の患部を冒す、病的状態、診断と治療(キュア)
 

アート:病気(Illness)、患者が体験する症状
 個別的、主観的、再現不可能、全人的に影響、不健康感、心身の癒し(ケア)


この違いを理解するのに、未だ抵抗があるのは
私が理学療法学をもとに勉強し、
理学療法学をはじめとする“学問”のもとに
人と関わろうとしていたからだとも思っている。

そして、おそらく私は答えを望んでいるのだろう。
これは私の勝手な意見だが、学問には答えが存在する“普遍な存在”
ただし、腰痛治療の行き着く先にはという答えのない存在
そこには、その人物の人生となる生い立ち価値観感情、その都度変化し得る場面におかれた状況により変化し続ける答えのようなモノがある。

うまく伝えられたでしょうか?
人をみる大切さ難しさ…
ということで
私はまず、目の前の「痛いと言っている人」をどうにかできるようになります。

言うまでもなく
今回のセミナーは、単なる“気づき”や“きっかけ”に過ぎない
これからの私の戦いは

サイエンスという基礎を積み重ねつつ
武器を手に入れ経験値を磨いていかねばならない

そして、多くの幸福に導けるように
腰痛!?そんなの死語さ」と言われる世界を夢見ている

賛同してくださる方には、ぜひとも力になっていただきたい。
引き続き
ともに切磋琢磨していく仲間募集!!

めざせ!腰痛消滅‼

~腰痛治療家交流会~ 

11月7日(金)
19:00~22:00
名古屋にて開催していくことを予定している。
参加費は千~2千円を予定(会場費を割り勘します)
勉強や練習は継続してこそ効果に差がでる!! 
興味のある方は今すぐ!!
メッセージをどうぞ!! 
 
(下記)専用メールアドレスへ
shuhare_yohtsu_nunoshin@yahoo.co.jp

前述した通り、腰痛と戦うためにはの必要性は重要視される!!
私は“打倒!腰痛!”のために次なる戦略を組み込んでいる!!
07
〜ヌノシンと共に学ぶ 腰痛セミナー第2弾
鵜飼建志先生による!
ホンモノ腰痛
運動療法
が学べる !
症状に応じた腰痛に対する運動療法 in 名古屋  
11月30日(
10:00~17:00
詳しくはこちらの➡リンク
 

 

今日も最後までご覧いただきありがとうございました☆
今後とも応援よろしくお願いいたします☆ 

 原因不明の腰痛85%に挑戦し続ける!
こんばんは腰痛戦士“ヌノシン”です

今朝のことです
いつも通り布団から起きる動作で
「なんか腰が痛いな~……」っと思いながら立ち上がる

普段から多少の痛みは毎朝のようにあったので
「ちょっと柔軟体操でもすれば動けるだろう」
そんな軽い程度の痛みと思い
自主トレーニングとしてマスターした骨盤と腰部の動きをして
歩き出そうと一歩を踏み込んだ瞬間…

ヌノシンショックう゛ う゛ ぅ!!!!
低音の悲鳴を上げてしまった…
左脚へ体重をかけると腰の奥に走るズキッ!!っという痛み

ゆっくり荷重をかけても、
腰部の柔軟運動をしても、
少し時間をおいても、
『気のせいだろう。忘れよう。』と思い込んでも
気休めにもならず、…
 

大げさな話ではなく
針で腰の奥を突き刺したような痛み 
「冗談でしょ??」
…自分が一番そう思いました
何度疑ったことやら

なぜなら
そのあとすぐに出勤して仕事なのですから

それでも、なんとか歩けましたよ…
左脚だけ背伸びする時の足のようにつま先立ちとなり
アヒルのようにお尻を後ろへ突き出し
下っ腹へ常に力を込めて
なるべく右脚への荷重に頼ってね…

『職場に電話しようかな…』
『腰痛がひどくて仕事休ませてください』
2014-07-26-13-44-26いいや!!!
立場がないですから!!
そんなこと言ったら!!
腰痛戦士の立場ないですから!!

這ってでも出勤する覚悟ですよ!
すぐに身支度を済ませ

左脚飛び跳ねアヒル歩行で家を出て
いつものように、バイク※自転車に乗り
通勤路は
いかに歩かずに、また
左脚に荷重をかけずに臨床するかを考えて

出動するのであった…


BlogPaint痛む箇所は明確で
左の仙腸関節という
仙骨と腸骨の間である
平面関節だ

関節面に対して圧迫しても
離解しようとしても
関節部分を後方から押しても
当部位にあたる筋(多裂筋)を補助しようとしても
左脚に荷重をかければ
いずれにしろ痛い!
というより、もはや
腰が抜けて力がでない…

気休め程度にコルセットを絞めて
後は笑うしかない…
職場の女性からは
「ヌノシン、なに今日は“そわそわ”してるの?」
>>「腰が痛いんだよ…」
朝起きた直後から痛かったもので特に前日だって腰に負担がかかるような身体の使用もしてないのに…受傷機転などない、これぞ原因不明の腰痛ってやつだよ。何が“原因不明の腰痛は社会・心理的腰痛由来が大きい”だよ。別に仕事がイヤとか人間関係が不良とか全然ないよ。これは機械的ストレスで起こっているものだよ。なんて日だ!!ちなみに『めざましテレビ』の星座占いは最下位だったよ!なんの因果だ!私は絶対腰痛に負けないよ!)←心のボヤキ
それでも笑うしかなかった…

アヒル歩行も徐々に慣れてくると
少しずつではあるが踵に荷重がかけれるようになってきた
幸いなことに、歩行介助や重度介助が必要な患者さんは午後に偏って予定されており
午前はカンファレンスやミーティングの時間配分が多くあった
(星座占いざまぁみろ
午後にはふつうに歩けるようになったぜ!!
何の悪夢であったかはわからないが
救われた…

指さしヌノシンこれまで蓄積してきた情報が役に立ったか否か
因果関係は定かではないが
結果的に臨床現場に立つことができたことは事実

今回役立った知識はこちら▼▼▼▼▼▼▼▼

過去の記事➡「急性腰痛に運動は無意味!?」をご覧ください。


最近、身の回りで腰痛で困る人がちらほら出てきている
皆様
くれぐれも、無理せず!
かつ、安静にしすぎず!
腰痛に屈しないでください!!

私、腰痛戦士ヌノシンの戦いはまだまだ終わらない
私のように腰痛で困っている人は全国で五万と…いや
2800万 もいるのだから
だからこそ 
より正確な情報を共有する!!
今後ともよろしくおねがいします!!


長谷川淳史先生×ヌノシン方組IMG_2171_edited-1
〜ヌノシンと共に学ぶ 腰痛セミナー第1弾

10月18日(土)
基礎から学べる EBM×腰痛
 「エビデンスに基づく腰痛の理解  in 名古屋

10:00~17:00 
参加費:先着 20名までは8,000円
  まだまだ受け付け中!!
20名以降 は12,000円(基本価格)

講師:長谷川淳史先生TMSジャパン代は腰痛に関するエビデンスを日々更新されており、治療者の視点から科学的な情報を用いて日々腰痛に立ち向かっている。

エビデンスの見方そのものから腰痛治療までご教授いただける。

過去のセミナー受講者の感想は➡こちら


もちろん、腰痛に対する治療や予防に対してエビデンスだけで太刀打ちしようとは思っていない(➡過去の参考記事
実技能力やセルフケアや生活指導、腰痛予防など数々の視点から“打倒!腰痛!のために戦略”を組み込んでいく!!
07
〜ヌノシンと共に学ぶ 腰痛セミナー第2弾
鵜飼建志先生による!
腰痛の
運動療法が学べる !
症状に応じた腰痛に対する運動療法 in 名古屋  
11月30日(
10:00~17:00
詳しくはこちらの➡リンク
 

さらに、私が今一番に求めているモノはともに切磋琢磨していく仲間!!
めざせ!腰痛消滅‼

~腰痛治療者交流会~ 
触診練習セミナー復習
11月7日(金)
19:00~22:00
名古屋にて開催していくことを予定している。
参加費は千~2千円を予定(会場費を割り勘します)
勉強や練習は継続してこそ効果に差がでる!! 
興味のある方は今すぐ!!
メッセージをどうぞ!! 
 
(下記)専用メールアドレスへ
shuhare_yohtsu_nunoshin@yahoo.co.jp
または
 ご遠慮なくコメントください。

専用facebookページ
専用twitterリンク 

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。 
 
 


 

 原因不明の腰痛85%に挑戦し続ける!
こんばんは腰痛戦士“ヌノシン”です
読者の皆様、いつも応援ありがとうございます!
私、ついに!ついに!
腰痛を克服する糸口を見つけました!!

過去の記事にも記してありますが、
実は私普段はとあるA市の某病院で理学療法士として勤務しているのです。
患者さんの訴えに耳を向ければ
『先生!この痛みをどうにかしてください!』
『私の痛みを治してください!』
涙ぐましい声が聞こえてくる
そんな願いを叶えるために、私は日々腰痛に対する調査を進め
自らも抱える腰痛にも耐えながら悪戦苦闘している毎日である。

だだし、最近疑問に思いはじめたこともある
“私が治します”のスタンスで正しいのか!?』
そのきっかけとなった相手は
みに対してあまりにも他人よがりな患者
『何かいい薬ないの…??』
『もう治らないと思います…』
『やってもらわなきゃいけない』
はい…もちろん
その気持ちは分かります!!
ヌノシン×安城ふくしまつり
私もそうでした…決して間違いじゃない
そこで、今日は
あなたに2つ質問させてください
①腰痛に関する治療方針は誰が決定するのでしょうか!?
②腰痛が治ったか否かは誰が決めるのでしょうか!?

あなたの思い!お聞かせください!!
 
(下記)専用メールアドレスへ
shuhare_yohtsu_nunoshin@yahoo.co.jp
または

専用facebookページ
専用twitterリンク  
ご遠慮なくコメントください。

私の答えは決まっています。
だたし、例に出された患者には理解してもらえないかも しれません
もしかしたら、自分が力不足が故に言い訳なのかもしれません
表紙画像 ヌノシン_edited-1
少なくとも今言えることは
例え私が手を施したことで痛みが改善したとしても
『私が治してあげた』
なんて思うようでは
私にこの世の中は救えまい 
※本来は「日本を救う」という設定だが今回のセリフは過大表現させていただきます。ご了承ください。



 
そして以下は
腰痛と戦うにあたり
より正確な情報を共有するため
名古屋に講師を招待させていただきました

長谷川淳史先生×ヌノシン方組IMG_2171_edited-1
〜ヌノシンと共に学ぶ 腰痛セミナー第1弾

10月18日(土)
基礎から学べる EBM×腰痛
 「エビデンスに基づく腰痛の理解  in 名古屋

10:00~17:00 
参加費:先着 20名までは8,000円
20名以降 は12,000円(基本価格)

講師:長谷川淳史先生TMSジャパン代は腰痛に関するエビデンスを日々更新されており、治療者の視点から科学的な情報を用いて日々腰痛に立ち向かっている。

エビデンスの見方そのものから腰痛治療までご教授いただける。

過去のセミナー受講者の感想は➡こちら


もちろん、腰痛に対する治療や予防に対してエビデンスだけで太刀打ちしようとは思っていない(➡過去の参考記事
実技能力やセルフケアや生活指導、腰痛予防など数々の視点から“打倒!腰痛!のために戦略”を組み込んでいく!!
07
〜ヌノシンと共に学ぶ 腰痛セミナー第2弾
鵜飼建志先生による!
腰痛の
運動療法が学べる !
症状に応じた腰痛に対する運動療法 in 名古屋  
11月30日(
10:00~17:00
詳しくはこちらの➡リンク
 

さらに、私が今一番に求めているモノはともに切磋琢磨していく仲間!!
めざせ!腰痛消滅‼

~腰痛治療者交流会~ 
触診練習セミナー復習
11月7日(金)
19:00~22:00
名古屋にて開催していくことを予定している。
参加費は千~2千円を予定(会場費を割り勘します)
勉強や練習は継続してこそ効果に差がでる!! 
興味のある方は今すぐ!!
メッセージをどうぞ!! 
 
(下記)専用メールアドレスへ
shuhare_yohtsu_nunoshin@yahoo.co.jp
または
 ご遠慮なくコメントください。

専用facebookページ
専用twitterリンク 

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。 
 

 原因不明の腰痛85%に挑戦し続ける!
こんばんは腰痛戦士“ヌノシン”です
指さしヌノシン突然質問なのですが、あなたがお持ちの腰痛知識
それは何に基づくものですか??

テレビ雑誌で観たり聴いたりしたものですか?
知人学校教育で学んだことですか?
書籍研究論文から得た情報からですか??
他者や自分のカラダとの関わりや経験からでしょうか??
決して 
それらの情報が『間違い』
言いたいわけではない

情報の偏り解釈の違いが発生していることを加味してほしいと思う

そのためには、
①多方面からの情報入手先
②平等な視点での解釈
言い換えれば
“メディアリテラシー”(意味)
が必要であると考えている
その情報は本当か!?
この解釈は正しいか!?

もしかしたら、今あながご覧になられている
このblogの情報も…(笑)

戸惑わせてしまったならすみません。。。

情報の発信者には少なからず
個人の立場や都合によって偏りが加わってしまうのですよ

ebm×腰痛 広告画像だからこそ
私の学ぶ腰痛治療はEBM

エビデンスが全てではありませんよ
全てではないが、基礎なのです!


医学はサイエンスに基づいたアートである
(ウィリアム・オスラー) 
名言サイト「気になる言葉」より➡リンク
そして以下は
腰痛と戦うにあたり
より正確な情報を共有するため
名古屋に講師を招待させていただきました

長谷川淳史先生×ヌノシン方組IMG_2171_edited-1
〜ヌノシンと共に学ぶ 腰痛セミナー第1弾

10月18日(土)
基礎から学べる EBM×腰痛
 「エビデンスに基づく腰痛の理解  in 名古屋

10:00~17:00
参加費:先着 20名までは8,000円

講師:長谷川淳史先生TMSジャパン代は腰痛に関するエビデンスを日々更新されており、治療者の視点から科学的な情報を用いて日々腰痛に立ち向かっている。

エビデンスの見方そのものから腰痛治療までご教授いただける。

過去のセミナー受講者の感想は➡こちら
 


もちろん、腰痛に対する治療や予防に対してエビデンスだけで太刀打ちしようとは思っていない(➡過去の参考記事
実技能力やセルフケアや生活指導、腰痛予防など数々の視点から“打倒!腰痛!のために戦略”を組み込んでいく!!
07
〜ヌノシンと共に学ぶ 腰痛セミナー第2弾
鵜飼建志先生による!
腰痛の
運動療法が学べる !
症状に応じた腰痛に対する運動療法 in 名古屋  
11月30日(
10:00~17:00
詳しくはこちらの➡リンク
 

さらに、私が今一番に求めているモノはともに切磋琢磨していく仲間!!
めざせ!腰痛消滅‼

~腰痛治療者交流会~ 
触診練習セミナー復習
11月7日(金)
19:00~22:00
名古屋にて開催していくことを予定している。
参加費は千~2千円を予定(会場費を割り勘します)
勉強や練習は継続してこそ効果に差がでる!! 
興味のある方は今すぐ!!
メッセージをどうぞ!! 
 
(下記)専用メールアドレスへ
shuhare_yohtsu_nunoshin@yahoo.co.jp
または
 ご遠慮なくコメントください。

専用facebookページ
専用twitterリンク 

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。 
 

 原因不明の腰痛85%に挑戦し続ける!指さしヌノシン
こんばんは腰痛戦士“ヌノシン”です
先日、A市某所で開催されたイベント
31回安城市ふくしまつり

“第31回安城市福祉まつり にて
とあるリハビリネットワーク市民活動グループとやらが活動している
その名も…
サロンあんちゃん 
(サロンあんちゃんfacebookページ➡リンク
という活動において
『客呼び込み役』として突撃参加させていただいた
2014-10-05-22-19-07『腰痛戦士』
『ヌノシン』の
タスキを肩に掛けて
「腰痛には体操が一番!
ぜひとも“あんちゃん体操”に来てくださーーい♪♪」
といって会場の人々に呼びかけをしていた
そんななか、一人の女性が声をかけてきた
「腰痛戦士!?
マッサージしてくれるの??」 
なに!??
ヌノシン×安城ふくしまつり「マッサージしてくれと!?」
わたしはキッパリとお断りさせていただきました。

首を絞めてやりましたよ(ウソです)

私はがっかりした…
“腰痛といえばマッサージ”という固定観念
をもっている実状に…

これを機にもう一度はきっきりしておきたい
他人任せに『腰痛をなんとかしてほしい』
そんな都合のいい話で腰痛から救われるなら
すでに日本から腰痛の悩みは減っているはずだ!
ヌノシン腰痛を治すのではなく共に戦うスタンスだ
社会復帰自立を促したい!生産性を上げたい!
それなのに…
市民の要求としては『マッサージしてほしい』?? 
それで解決するなら
マッサージ屋さんに行くことをオススメしますよ
『ても〇ん』『りら〇』のようなお店が
最近よく街で見かけます 
揉んでもらえばいいではないですか… 
ただし、
それで社会にどれほどの恵みをもたらすのか
目先の快楽も大事ということもわかるが、私からすればそれは娯楽
単なるマッサージでは依存を生んでしまうだけではないか!?
単にマッサージするだけなら私は腰痛マッサージ師ヌノシン
(その方が客引きとしてはウケがいいかもしれないが)
決して、腰痛にマッサージということを否定しているわけではなく、
受け身の立場で自分を変えようとしているスタンスでは
腰痛に勝てない
と私は考えている
からである

マッサージは亜急性や慢性腰痛に対して他の保存的治療方よりも効果があるとは言えない(grade I )
腰痛診療ガイドライン2012(資料リンクP.61)

一部、保存療法やその他の治療よりも効果があるように言われているようだが
結論が一様ではないようだ

詳しい方はご意見ご指導ください
 
(下記)専用メールアドレスへ
shuhare_yohtsu_nunoshin@yahoo.co.jp
または
 ご遠慮なくコメントください。

専用facebookページ
専用twitterリンク

そして以下の情報は
腰痛と戦うにあたり
より正確な情報を共有するため
講師を依頼させていただきました

長谷川淳史先生×ヌノシン方組IMG_2171_edited-1
〜ヌノシンと共に学ぶ 腰痛セミナー第1弾

10月18日(土)
基礎から学べる EBM×腰痛
 「エビデンスに基づく腰痛の理解  in 名古屋

10:00~17:00 

講師:長谷川淳史先生TMSジャパン代表は腰痛に関するエビデンスを日々更新されており、治療者の視点から科学的な情報を用いて日々腰痛に立ち向かっている。

エビデンスの見方そのものから腰痛治療までご教授いただける。

過去のセミナー受講者の感想は➡こちら


もちろん、腰痛に対する治療や予防に対してエビデンスだけで太刀打ちしようとは思っていない(➡過去の参考記事
実技能力やセルフケアや生活指導、腰痛予防など数々の視点から“打倒!腰痛!のために戦略”を組み込んでいく!!
07
〜ヌノシンと共に学ぶ 腰痛セミナー第2弾
鵜飼建志先生による!
腰痛の
運動療法が学べる !
症状に応じた腰痛に対する運動療法 in 名古屋  
11月30日(
10:00~17:00
詳しくはこちらの➡リンク
 

さらに、私が今一番に求めているモノはともに切磋琢磨していく仲間!!
新人からベテランまで!今こそ結束する時だ!
めざせ!腰痛消滅‼

~腰痛治療者交流会~ 
触診練習セミナー復習
11月7日(金)
19:00~22:00
名古屋にて開催していくことを予定している。
参加費は千~2千円を予定(会場費を割り勘します)
勉強や練習は継続してこそ効果に差がでる!! 
興味のある方は今すぐ!!
メッセージをどうぞ!! 
 
(下記)専用メールアドレスへ
shuhare_yohtsu_nunoshin@yahoo.co.jp
または
 ご遠慮なくコメントください。

専用facebookページ
専用twitterリンク 

最後までご覧いただきありがとうございました。 

↑このページのトップヘ