原因不明の腰痛85%に挑戦し続ける!
表紙画像 ヌノシン_edited-1こんばんは腰痛戦士“ヌノシン”です
突然だが…
 EBMという言葉をみなさんは聞いたことはあるだろうか
私はそれを知ったつもりでいた自分を今、恥ずかしく思う。そして、改めて今でも勉強している。
 
『エビデンスなんてなくても、結果的に患者(クライアント)さんがよくなればいいじゃん!!』 
なんてことを思った時期も過去にあった。
私はとんでもないバカでした 
なぜなら
エビデンスを知らなければ、リスクを取りかねないから…
本当に愚か者であった
また、単にエビデンスを当てはめるだけの時もあった
 『○○さん、科学的にも証明されているので実践してみましょう!』

ガイドラインや教科書通りがすべて正しいと勘違いしていた… 
ホントに適用なの…効果検証しているエビデンスは個人差を無視している。
目の前の個人に当てはまるかを考えねばなりません
そもそもエビデンスを正しく使いこなせているのかも、考えなおさなければならないかもしれない
共感された方、ご意見ください 
 
(下記)専用メールアドレスへ
shuhare_yohtsu_nunoshin@yahoo.co.jp
または
 ご遠慮なくコメントください。

専用facebookページ
専用twitterリンク
そこで改めて

EBMとは】

●ヌノシンが最も推奨するEBM参考サイト 『the SPEL』➡リンク 
●理学療法士の方には日本理学療法士協会が提示している➡リンク先

以前にも話にあげたが、自分も含め、身の回りには腰痛を訴える人があまりにも多い。
にもかかわらず、科学的には未だ明らかにされていない腰痛は85%とされている!!
確かに、明らかにされていないのは事実であるが、全く分からないわけではない。その中でも既にに多くの科学的なデータを基に指針は出されている。
日本においても2012年に、
海外からのエビデンスを取り入れた腰痛診療ガイドライン』が出版された。

 

ただし!!
欧米では1994年には
急性腰痛治療ガイドライン』が報告されていた
1994年と2012年。。。その差18年!!
これまで常識と思っていたことが迷信や単なる言い伝えだったことを皆も感じているはずだ
例えば、『運動中に水を飲むな!』と言われていた時代もあれば、『野球のピッチャーは投球後も肩をひやすな!』という時代もあった。

参考:吉川敏一「常識からエビデンスへ」➡(リンク
腰痛に関する常識においても未だに迷信や言い伝えがメディアやインターネットで発信されている
日本の痛み医療は遅れている!!
そこで!!
腰痛戦士“ヌノシン”は日本の腰痛界に旋風を巻き起こす!!
今回、斡旋するセミナーはその序章となるだろう
長谷川淳史先生×ヌノシン握手IMG_2168_edited-1
〜ヌノシンと共に学ぶ 腰痛セミナー第1弾
基礎から学べる EBM×腰痛
 「エビデンスに基づく腰痛の理解  in 名古屋

10月18日(土)
10:00~17:00 
受講料:先着20名まで➡8,000円
      21名以降➡12,000円
定員:30名(先着順)
会場:名駅セミナーオフィス・ルームA
対象者:理学療法士、作業療法士、柔道整復師、鍼灸・マッサージ師、スポーツ・フィットネスインストラクター等
長谷川淳史先生×ヌノシン方組IMG_2171_edited-1


講師:長谷川淳史先生
TMSジャパン代表は腰痛に関するエビデンスを日々更新されており、治療者の視点から科学的な情報を用いて日々腰痛に立ち向かっている。

エビデンスの見方そのものから腰痛治療までご教授いただける。

過去のセミナー受講者の感想は➡こちら

申し込フォームは➡こちら 
詳しくはBlog右上の案内をご覧ください  
PT-OT-ST.NET からも情報をご覧いただけます

もちろん、腰痛に対する治療や予防に対してエビデンスだけで太刀打ちしようとは思っていない(➡過去の参考記事
実技能力やセルフケアや生活指導、腰痛予防など数々の視点から“打倒!腰痛!のために戦略”を組み込んでいく!!
07
〜ヌノシンと共に学ぶ 腰痛セミナー第2弾
鵜飼建志先生による!
腰痛の
運動療法が学べる !
症状に応じた腰痛に対する運動療法 in 名古屋  
11月30日(
10:00~17:00
詳しくはこちらの➡リンク
 

さらに、私が今一番に求めているモノはともに切磋琢磨していく仲間!!
新人からベテランまで!今こそ結束する時だ!
めざせ!腰痛消滅‼

~腰痛治療者交流会~ 
触診練習セミナー復習11月から名古屋にて開催していくことを予定している。
勉強や練習は継続してこそ効果に差がでる!! 
興味のある方は今すぐ!!
メッセージをどうぞ!! 
 
(下記)専用メールアドレスへ
shuhare_yohtsu_nunoshin@yahoo.co.jp
または
 ご遠慮なくコメントください。

専用facebookページ
専用twitterリンク