原因不明の腰痛85%に挑戦し続ける!
「こんばんは腰痛戦士“ヌノシン”です」
「先日9月6〜7 日の二日間、大阪で行われました
第19回ペインリハビリテーション学会学術大会に参加させていただいた。最後に懇親会の内容も兼ねて報告させていただく。」


学会初日の夜、懇親会には調査員の1人が潜入し、大御所たちにコンタクトをとることに成功した。
ほんの一部であるが、以下は調査員Nと大御所O氏 とのやりとりである。
[疼痛アプローチ=徒手療法]は非常識!?
N
私は普段●●手技や▲▲法など、方法から入るような疼痛への関わりが多いように感じていました。特に理学療法の分野では徒手療法を連想するのですが、そのような介入に関してこの学会では触れていないようにとれます。
今回、初めてこの学会に参加させていただき、スタンダードが何かも、あまり詳しくないうえでの質問で恐縮ですが、今回のテーマが『疼痛に対するニューロリハビリテーションの確立』ということもあってでしょうか?」
O氏 
「今回のテーマに限ったことではありません(^^)」
「そういった人(徒手療法を用いた介入で研鑚・議論する人)はおそらく、ここにはいないでしょうね。」

N
「どうしても手段から入りがちになってしまうのですよね。。。」
O氏 
「徒手療法はもちろん用いますよ。ただ、それだけでは解決しない」
「当時の私達は手段から学ぶしかなかったのです。しかし、君たちは遠回りしなくていいのです。」
N
「なるほど…(近道などないと思いますが)ペインリハビリの入門としては、どうしていけばよいのでしょうか?」 
O氏
このような学会に参加すればいいじゃないですか。または世界にも目を向けて新しい情報と科学的な根拠も取り入れて疼痛医療に取り組んでいくべきですよ(^^)」

「どうやら徒手の技術は上手くできている前提なのだろうか、または他の機会で磨いてくべきということであろうか。先生方は多くの失敗を踏んで今に至っているのだろう。その情報を後世に残してくださっていることがありがたい。なんとも恵まれた世代」
前回の投稿にも示し、繰り返しになるが『日本ペインリハビリテーション学会』には、手段・手技に固執しているわけではないようだ。世界的に一般化されている評価を用いて研究や症例検討を展開する場のようである。ミクロからマクロまでの視点もあり、その評価内容として人間味のあるところまで行き着く印象。」
「もはや局所の痛みのみに執着する時代ではないのだろうか…私には結論がだせない。」
「この学会のトップ3の著書『ペインリハビリテーション』を新たなバイブルに痛みの最前線まで追いつこうと決めた」
アットホームで親切!だが本気!
「改めて全体を通して、とってもレベルの高さを感じた2日間であった。」

「巷ではさまざまな講演が行われる現代(乱立されているとも聞くが)、ちまちま講習会にでるよりも一気に勉強でき、自分の至らなさも実家できるのが、プロフェッショナルが集まる『学会』であることを再認識した。」
「私はそんな立ち位置だからこそ、臨床で悩む療法士や何を聞いたらいいのかもわからない新人療法士の気持ちがわかるのだとも思う!
共に学んでいこう!
私は悩みを抱える療法士の先頭に立って他の臨床家たちに情報を届けることにも力を注いでいきます!
一緒に悩みましょう!」 


長谷川淳史先生×ヌノシン握手IMG_2168_edited-1
〜ヌノシンと共に学ぶ 腰痛セミナー第1弾
基礎から学べる EBM×腰痛
 「エビデンスに基づく腰痛の理解  in 名古屋

10月18日(土)
10:00~17:00
詳しくはBlog右上の案内をご覧ください  



07
〜ヌノシンと共に学ぶ 腰痛セミナー第2弾
鵜飼建志先生による!
腰痛の
運動療法が学べる !
症状に応じた腰痛に対する運動療法 in 名古屋  
11月30日(
10:00~17:00
 申し込み開始は9月22日(月)20:00~
 

座談会のような腰痛治療者交流会や触診練習会11月から開催していくことを予定しております。興味のある方は今すぐ!!
メッセージをどうぞ!! 
 
(下記)専用メールアドレスへ
shuhare_yohtsu_nunoshin@yahoo.co.jp
または
 ご遠慮なくコメントください。

専用facebookページ